のらくら日記

日々日記、雑記、MotionBuilder、MMD、大塚ランチetc...

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目線コントローラ

2013.04.03 (Wed)
eyeaim_03.jpg

目線のコントローラなんて初歩中の初歩じゃないかとたかをくくって
落とし穴に落ちたことがあったので書いときます

■結論は3点による3pontconstrain

eyeaim_02.jpg

社内で統一するに当たって一番エラーが少なかったのがこの方法
理由は下で書きますがaimやTargetのみ設定した3pointでは駄目なのです。

1.aim
eyeaim_04.gif

このように真上を向いたところでフリップをおこします。
これはaimカメラが真上を見上げるとフリップしてしまうのと同じ現象です。

2.3point(2点)
eyeaim_05.gif

3pointの「constrain object」と「Origin」に目、「target」にコントローラを入れる方法ですが
これでもずれていってしまいます。
これはMotionbuilderのチュートリアルにあった方法なのでついぞ最近まで大丈夫だと思ってました。

そういうわけで
3.3point(3点)
eyeaim_06.gif

自分の中のベストがこの形です。
1、2の方法でも問題ないデータもあったりするのですが
社内でセットアップが違うとか嫌なのでこういう方法とってます。

しかし、この記事書いた後に思ったんだけど怖いなぁ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。