のらくら日記

日々日記、雑記、MotionBuilder、MMD、大塚ランチetc...

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unityでゲーム作るよ 2

2011.05.29 (Sun)
ツールに振り回されてる感じがしますが
とにもかくにも触ってみないと進まない

ゲームの方向性的に質感的なところはリアル寄りに~ということだったので
法泉マップは使わんとねと思い1,2時間検索をした結果
nDOというフォトショのプラグインを見つけました
CrasyBumpやAdobe公式のNormalmapプラグインあるんだけど
期限切れと調整がしにくいということで
フリーで使えて尚且つ手も入れやすいこのプラグインを使うことに
公式 → nDo
インストール方法はこちら → 3D人さん


テスト
nDomenu.jpg
使いそうな(手軽に遊べそうな)ところを上げてみる
・Lightung グレースケールのプレビュー だとおもう
・Photo preset 質感プリセット(そんな感じ)
いくつかテスト 光沢度合の強さかな?
nDo_test.jpg
・Layer preset 鮮明度
・その他 日本語なのでそんな感じ

ではUnityに入れてみます
unityUI.jpg
自分はXSI→FBXでモデルをもって行きます
mesh,texture,UV,animationはテスト済み
materialはちょっと解りません
Unity側でもノード形式で重ねることできるみたいですが、今回はそこまでしません。
少人数なのでプリセットでガッガッと作っています

先ほどの法線マップを試して見ました
unitynormaltest.jpg
モデルはXSIでUVをつけたものをFBXでエクスポートして読み込みました
shaderのモードは凹凸が解りやすいBumpedSpecularで
後はProjectからBaseとNormalにD&Dするだけです
今気づいたんですがBaseのアルファでGlossも設定できるみたいです、すごい簡単
多分光沢部分を調整できるんでしょうけど今回はやらない


と、今日はここまで
Unity日本語資料がないのでテクニックとかあったら教えてください
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。