のらくら日記

日々日記、雑記、MotionBuilder、MMD、大塚ランチetc...

ゲーム製作の話 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unityでゲーム作るよ 5

2011.07.07 (Thu)
今回はエフェクト関連で使うテクスチャアニメーションを検証
今回Yaminabeさんの方法を参考にさせてもらっています
http://blog.livedoor.jp/akinow/archives/52169431.html
UVずらしってやつですが学生のとき以来です
まだ現役なんですね、驚きです


1.アニメーションを作る
srashA.gif
今回は攻撃用のエフェクトをアルファで抜いて作ります
載せてるのはgifだけどAVIで出力



2.フォトショップで読み込む
ファイル → 読み込み → ビデオフレームをレイヤー



3.隙間なく並べます
naraberu.jpg
縦横の列数はいくつでも大丈夫です

フォトショで自動で並べてくれるスクリプトがあります
Laying out celled sprites & Photoshop automation
zipへ直リン→layersToSpirte.zip



3.gridにはってUnityに出力
グリッドにべた張り、最終的にサイズはグリッドサイズに広がります
Export方法は前回を見てください → Unityでゲーム作るよ 4



4.UVアニメーションスクリプトを適用
AssetにJScriptを作成してInspecterからEdit
Jsclipt.jpg scriptEdit.jpg
こちらにUVアニメーションスクリプトをありがたくコピペ
Animating Tiled texture


できたらシーン上のgridにD&D
teiyou.jpg


Inspecterにスクリプトの欄が増えているので調整
tile.jpg
変える必要があるのは下の2行
この場合
var uvAnimationTile X = 5
var uvAnimationTile Y = 4
横列と縦列の数を入力、テクスチャサイズを列数で割るのできちんと並んでいれば大丈夫



5.アルファで抜く
Shader → Transparent → Parallax Specular
Parallax Diffuseでも抜けますがエフェクトなので光ってたほうがいい感じ



とこんな感じでパーティクルなんかにも使えるので
炎や煙なんかにも応用可能、夢ヒロガリングですね

ついでに言うとUnityはムービーを直で張ることも可能ですが
フレーム単位で発生するエフェクトに使うのはさすがに処理が重くなりそうです
検証はしてませんがゲーム中で映像を流すときなんかには使えそうです。
スポンサーサイト

Unityでゲーム作るよ 4

2011.06.16 (Thu)
kimoi.jpg
予想外にキモクなってしまった
でも本来こっちよりのテイストなのでこいつはこのまま出そう、ちょっと手入れて

今回はXSIでのエクスポートを紹介します
MAXやBlernder、LightwaveまでのっていたのにXSIの方法が見つからなかったので
自分メモ

更新

Unity FBXエクスポート

1.クラスタ、マテリアルを整理
illminationノードを新しくphongを作り直して、シンプルにdiffuseにつなぐ
1メッシュに対して1クラスタ
メッシュが違ってもクラスタ名がかぶるのはNG(Unity上でクラスタ名がマテリアル名になるため)
Texture_Projectionもg1メッシュに1つ、こっちは名前かぶりOK

2.エクスポートしたいノードを選ぶ
export01.jpg
ナチュラルポーズが入ってるとえらいことに、、、
アニメーションは全部繋げて入れてプロットしておく
別シーンで作ってる場合はクリップで持ってこれるようにしておくと便利

3.CrossWorkのFBXExportからエクスポート
export02.jpg
チェックは基本これでいけます


Unity FBXインポート

1.FBXインポート
あらかじめテクスチャをAssetに読み込んでおくと吉、あとで手動でもいいですが。
右のインスペクタでマテリアルの種類を選択、調整
Normalマップは「FixNow」を押すと適用されます。押さないと普通のBunpmapで反映されます、たぶん
material.jpg


2.アニメーション切り分け
export03.jpg
自分のやり方だと全アニメーションをつなげて吐き出してUnity上でフレームで切り分けて管理


で上のようなやつができます。
ほんと手軽だけど解らんことだらけ


では、ばいなら~
bey_fly.gif

Unityでゲーム作るよ 3

2011.06.02 (Thu)
トルネの録画がたまって消化できない
他にも入れたい情報が多いけどとても追いつかないので取捨選択しないといけなくなってきた

今回は背景周りについて触ってみる
2.5D横スクロールアクションなのでとりあえず横長の地面つくった
st_sample.jpg
全体用のディレクションライトと光源用のポイントライトを配置してみただけだけどいい感じ
ライトを3,4つ以上置くと最初に置いたライトから光が消えていく、、、なぜ?光源数が決まっているのかな?
パーティクルシステムもあるのでゲーム用の簡単なエフェクトをいろいろ作って使いまわせそう
触ってて感じたのはアセットからビューにD&Dで配置していけるあたりとかパーティクル周りとか
モーションビルダーによく似ている
Takeでのアニメーション管理もできるようなのでイベントシーンとかだったらFBXでそのまま移行できそう

と、短いけどここまで

Unityでゲーム作るよ 2

2011.05.29 (Sun)
ツールに振り回されてる感じがしますが
とにもかくにも触ってみないと進まない

ゲームの方向性的に質感的なところはリアル寄りに~ということだったので
法泉マップは使わんとねと思い1,2時間検索をした結果
nDOというフォトショのプラグインを見つけました
CrasyBumpやAdobe公式のNormalmapプラグインあるんだけど
期限切れと調整がしにくいということで
フリーで使えて尚且つ手も入れやすいこのプラグインを使うことに
公式 → nDo
インストール方法はこちら → 3D人さん


テスト
nDomenu.jpg
使いそうな(手軽に遊べそうな)ところを上げてみる
・Lightung グレースケールのプレビュー だとおもう
・Photo preset 質感プリセット(そんな感じ)
いくつかテスト 光沢度合の強さかな?
nDo_test.jpg
・Layer preset 鮮明度
・その他 日本語なのでそんな感じ

ではUnityに入れてみます
unityUI.jpg
自分はXSI→FBXでモデルをもって行きます
mesh,texture,UV,animationはテスト済み
materialはちょっと解りません
Unity側でもノード形式で重ねることできるみたいですが、今回はそこまでしません。
少人数なのでプリセットでガッガッと作っています

先ほどの法線マップを試して見ました
unitynormaltest.jpg
モデルはXSIでUVをつけたものをFBXでエクスポートして読み込みました
shaderのモードは凹凸が解りやすいBumpedSpecularで
後はProjectからBaseとNormalにD&Dするだけです
今気づいたんですがBaseのアルファでGlossも設定できるみたいです、すごい簡単
多分光沢部分を調整できるんでしょうけど今回はやらない


と、今日はここまで
Unity日本語資料がないのでテクニックとかあったら教えてください

Unityでゲーム作るよ

2011.05.24 (Tue)
ゲーム製作はどうなった、、と自分が自分に聞きたい状況ですが
もう1から作るのは無理という結論に達しUnityというミドルウェアを使うことにしました
導入を試みた結果(Unityインストール必要かも)

http://yzggames.appspot.com/

なんかキモイですがブラウザで3Dがリアルタイム操作できます
なんと相方が1日でやってくれました
というかUnity自体が使いやすいそうで、
自分も若干触りましたが3Dソフトで配置するように物が置けます
あとシェーダー周りや物理計算もプリセットで入っているのでスクリプトが書ければ作れちゃうそうです
後は俺がモデルとモーション作るだけやなー、だけではないなー
一気にやることが増えた気分

このくらいのゲームは作りたい
UNITY Live Demo

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。